生活

伸びシロハウス京都に家賃0円で住まわせてください!新卒焼き芋屋さんの全てを提供します

f:id:jqknhr:20180916154334p:plain
こんにちは、初めまして。
この秋から京都で「新卒焼き芋屋さん」を始める西澤悠人(@yuyujiteki31)と言います。
この度は、僕が持つ”すべて”を提供して、ジャックさん(@CaptainJacksan)が運営する伸びシロハウス京都に家賃0円で住まわせていただきたく、ご連絡しました!
決してふざけているわけではなく、いたって本気のお願いです。
少し長くなりますが、僕の想いに最後までお付き合いいただけたら幸いです。
伝えたいことがたくさんあるので順を追ってお話しします。
※2018.9.3.追記
至極真っ当な理由でお断りされてしまいました。
f:id:jqknhr:20180903114932j:plain
なのでこの企画が今後進むことはありませんが、反省材料として記事はそのまま残しておきます。
ジャックさんにはご迷惑をおかけしましたが、ブログでプレゼンをするという貴重な体験をさせていただきました。
ありがとうございました。
僕の簡単な自己紹介も兼ねているのでぜひこのまま読んでいただけると嬉しいです。
2018.9.4.追記
どうしてうまくいかなかったのかを振り返る反省記事を書きました。

新卒焼き芋屋さん西澤悠人とは

f:id:jqknhr:20180830073318j:image
僕は今年の春に大学を卒業した22歳です。
今まで自分の意思や考えをあまり持ったことがなく、とにかく周りに流されて生きてきました。
大学時代の単位や就活もこれでもかと言うくらいテキトーに済ませました。
ところがこのテキトーな性格ゆえに人からのお誘いを全て受けていたら、周りの友達が知らないような経験をたくさんすることができました。
徐々に価値観が変わっていき、気付けば入社二ヶ月前に内定辞退をして焼き芋屋さんを目指していたほどです。
そんな僕がこれまでにしてきたことを簡単に紹介します。

ヒッチハイク

f:id:jqknhr:20180830073510j:image
ヒッチハイクとの出会いは大学1年生のときです。
経験者の先輩から誘われたことがきっかけでした。
初めは恐怖心や恥ずかしさでいっぱいでしたが、今まで出会ったことのない大人と話をするのが楽しくてどんどんハマっていきました。
f:id:jqknhr:20180830073534j:image
ヒッチハイクで未知の世界に飛び込む勇気を身につけて、日本全国各地にたくさんの友達を作ることができました。
f:id:jqknhr:20180830190003j:image
▽合わせて読みたい

ブログ

これまでの人生で決して交流することのなかった人たちと仲良くなるうちに、自分は他人に誇れることが何もないことに気付いてしまいました。
サボった講義やレポートの話でいくら笑いを取っても、それは誰に対しての何のアピールにもならず、空しく自分の中で響くだけでした。
f:id:jqknhr:20180830080612j:image
次第に、「なんの目標も考えも持てずにいる自分を変えたい」と心の底から思うようになりました。
それから自己啓発本やビジネス本を読み漁るようになり、そこで見つけたのがイケダハヤト(@IHayato)という名前でした。
時間や場所を問わず資産をストックできるブロガーという働き方に当時の僕はとても惹かれました。
その後すぐに立ち上げたブログは収益こそ上がらないものの、現プロ奢ラレヤーさん(@taichinakaj )の企画に採用されて無料でタイに飛ぶこともできました。

内定辞退

人生初めての海外となったタイでも、一般的な常識のレールを外れて生きる人たちと会って話をしました。
f:id:jqknhr:20180830191358j:image
帰国するころにはすでに、好きでも何でもない会社員になる選択肢はなくなっていました。
もともと何となくで決めていた就職先だったので、全く迷いはありませんでした。
f:id:jqknhr:20180830082731j:image
強いて言うなら、内定先と同業種のインターン先の人たちがものすごくやる気なさそうに働いていたことも理由の一つです。
休憩時間はみんな黙ってスマホゲーム、行きたくもない飲み会に朝まで付き合わされる、数ヶ月前から取っていた有給を出世のためだと言って取り消される。
どれだけ安定した給料がもらえても僕はこの人生を送りたくない、そう強く感じました。
もちろん全ての会社がこうだとは思いません。
また、入社直前に内定を辞退してしまったことは本当に申し訳なく思っています。
それでも僕は自分の選択を後悔したことは一度もありません。
▽合わせて読みたい

焼き芋屋

内定を辞退した僕は、かねてより気になっていた「田舎フリーランス養成講座」に参加しました。
f:id:jqknhr:20180830083022j:image
とりあえず「ここでライティングを学んでおけば食うには困らないようになるな!」と考えていたからです。
「期間中に参加費16万円の半額でもペイして、やりたくないことはやらない人生を送ろう」、そう考えていました。

しかし結果だけお伝えすると、僕はいなフリで全く稼ぐことができませんでした。

細部にこだわってしまい、どれだけ時間をかけても全く納品できない原稿を前に絶望していた時期もありました。
しかしそんなある日、講師のカルロスさん(@crls1031)がかけてくれた言葉に目が覚めました。

何か好きなものないの?

焼き芋が好きっす!

それじゃ焼き芋屋さんやっちゃいなよ!

いいっすね!

本当はもっと落ち込んでいて元気のない感じでしたが、だいたいこんな感じです。
ここでも持ち前のノリの軽さを発揮して焼き芋屋について調べてみると、
  • 初期費用が少ない
  • 食品衛生法上の販売許可がいらない
などなど、メリットがたくさん見つかりました。
そしてもともと好きだった焼き芋がより大好きになりました。
その後すぐに「新卒焼き芋屋さん」を名乗り、焼き芋屋開業の道を探し始めました。

伸びシロハウス京都を選んだ2つの理由

f:id:jqknhr:20180830084824j:image
京都には素敵なシェアハウスが数多くあります。
どうしてその中で伸びシロハウスに惚れ込んだのか、3つの理由を紹介します。

雰囲気と周辺施設が大好き

森見登美彦作品をきっかけに京都が大好きになった僕は、誠に勝手ながら理想の京都像を持っています。
少しの上品さと落ち着きのある、昔ながらの和風な雰囲気が大好きなのです。
そしてこちらの伸びシロハウス、直接拝見したことはありませんが、僕のイメージにぴったりなのです。

京都の伸びシロハウス

伸びシロハウス京都 外觀

伸びシロハウス京都 外觀ぐわいくわん

さらに、大の銭湯好きの僕にとって徒歩圏に銭湯があることは何よりの幸せです。
可能ならば毎日湯船に浸かり、サウナで汗をかき水風呂に飛び込み、もう一度湯船に浸かりたいと考えています。
ぜひジャックさんとも一緒にこの喜びを分かち合いたいです!
完全に個人的な嗜好で申し訳ないのですが、こういったわけで僕は伸びシロハウス京都が大好きになってしまいました。

ブロガーが共同生活している環境

実はつい先日、僕はブログの収益向上を目標として宣言いたしました。
しかし周りに同じ志を持つブロガー仲間がおらず、ちょうど寂しい思いをしていたところでした。
そんな折、プロブロガーとして活躍する伸びシロハウス住人のみなさんとの共同生活はとても魅力的に映りました。

同じように努力している人たちのそばに身を置くことができれば、より一層ブログに力が入ると考えました。

家賃を0円にしてほしい3つの理由

f:id:jqknhr:20180901163928j:plain
大変失礼なことを申しているのは承知しております。
どうか僕の言い分を聞いてください。

借金253万円の返済

僕は現在、240万円の奨学金と13万円のクレジットカードの返済を抱えています。
お金のことなど何も考えず遊び続けた大学生活だったので、卒業が近づき奨学金の全容を理解したときには背筋が凍りました。
クレジットカードの方は、いなフリの参加費用を捻出するために東京でUberEatsの配達員をしていたときの生活費が原因です。
全ての支払いをカードで行い、配達員としての報酬を全ていなフリの参加費用に充てたためです。
本当ならライティングで稼いで滞りなく支払いを終わらせるはずでしたが、そう上手くはいきませんでした。
現在の主な収入源は単発で依頼される仕事やアルバイトで、ブログの収益は月に数百円程度の雀の涙です。
とにもかくにも自活するためには生活費を削ることが必須の状況となっています。
すでに一日一食生活を体得して食費の節約には成功しているため、次は家賃を削減できないだろうかと考えたわけです。

バイトするよりブログを書いていたい

もしかしたら真面目にコツコツと毎日バイトをしていけば、伸びシロハウスの家賃を払いながら、時間をかけて少しずつ借金を返済することも可能かもしれません。
しかしそれではバイトに追われる日々を繰り返すだけで、僕がなりたくなかった会社員の姿そのものになってしまいます
甘えたことを言っているのは理解しています。
それでも僕はSNSやブログでの発信を通してやりたいことだけやる生き方を実現したいのです。

2畳程度の物置部屋で大満足

もちろんですが家賃0円で立派な一室がほしいだなんておこがましいことは言いません。
物置などとして使われている2畳ほどのスペースがあれば、そちらを住まいとしてお貸しいただきたいと考えています。
普段からできるだけ少ない荷物で生活する癖がついていて、2畳もあれば十分満足した暮らしを送れるためです。
過去には山梨県のシェアハウスの廊下を寝床として貸していただいた経験もあります。

トイレやシャワーなどの共有スペースは使わせていただけると大変ありがたいです。

僕が提供できる2つのこと

ここまでこちらのメリットや要望ばかり書き連ねてしまいましたが、最後に僕が提供できることを全力アピールさせてください。

家事雑事全てお任せください

僕が伸びシロハウス京都に入居した暁には、全ての家事雑事を一手に引き受けさせていただきます!
料理、掃除、洗濯からゴミ捨てまで、全てお任せください。
自分で言うのもなんですが細かいところにも気が回る性質で、散らかっている玄関の靴は必ず揃えるタイプです。
細かくなりすぎて住人の方々にストレスを与えないようにコミュニケーションを取りながらやっていきます。

得意技は掃除

家事の中でも最も得意なのが掃除です。
つい先日は友人と二人で8時間かけてゴミ屋敷をピカピカに磨き上げたほどです。
f:id:jqknhr:20180830201045j:image
f:id:jqknhr:20180830201114j:image

出張断捨離(大掃除)!片付けられない一人暮らし会社員の部屋 – 悠々自適ライフ

玄関、水回り、トイレなどなど、垢やホコリが溜まることのないように部屋の隅々にまで目を光らせます。

ぜひ一度直接お話がしたいです

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
伝えたいことは全て書いたつもりですが、ぜひ一度直接お会いして僕の熱い想いを伝えたいです。
LINE@では唐突に謎のメッセージを送って混乱させてしまい申し訳ありませんでした。
f:id:jqknhr:20180830073139j:image
9/10以降、いつでも予定を空けてお待ちしております。
日本全国どこでもジャックさんの元へと飛んで参るので何卒よろしくお願いいたします!
以上です、失礼しました!