ヒッチハイク

3つのヒッチハイクスポットをおすすめ度順に解説します!

こんにちは!ヒッチハイカーのゆうと(@yuyujiteki31)です。

ヒッチハイクってスポットごとに3つに分けれらるんですよね。

  • 高速道路のサービスエリアとパーキングエリア
  • 高速道路入り口(インターチェンジ)
  • 一般道(下道)

実はこの3つは場所によって乗せてもらえる確率に大きな差があります。

なのでこの記事では3つのスポットをおすすめ度順に解説していきます!
これを理解しておくだけでヒッチハイクが相当やりやすくなりますよ。

高速道路のサービスエリアとパーキングエリア

3つの中で最も乗せてもらえる確率が高いのは高速道路のサービスエリア(以下SA)パーキングエリア(以下PA)です!

運がよければ数分で乗せてもらうことができます。
よほど小さなSAやPAでなければ1時間以内に成功できるはずです。

みんなが休憩や食事で車を降りるため、直接会話して交渉できるのが大きなメリットです。
他には、高速道路という非日常空間がいつもと違う特別な行動(ヒッチハイクしてる人を乗せる)をさせるのかなあと感じています。

僕がヒッチハイクを始めるときはいつも最寄りのSAやPAに徒歩で入らせてもらっています。
たとえ1時間かかる場所でもその方が効率がいいからです。

また、SAやPAに徒歩で入れるかどうかはHPなどにも情報がありません。
僕はよくGoogleマップを使って調べています。

航空写真で表示すれば徒歩で入れるかどうかがカンタンにわかりますよ。

マップでは行けるようになっていても、従業員専用通路で立ち入りが禁止されている場合もあります。
事前によく調べてルールを守った行動をしましょう!

どのSAやPAでヒッチハイクをしようか迷ったときは施設の充実度などを参考にしてみてください。
単純に施設が充実している方がより多くの人が休憩で訪れるからです。

SAやPAの中でもヒッチハイクをするのにおすすめのスポットがあります。
大勢の人の目につくフードコートやトイレの前です。

走ってる車に向かってスケッチブックを振り回すよりも、歩いてる人に向かってアピールした方が反応をもらいやすいからです。

まずは目があった人に大きな声であいさつをするようにしましょう。
気まずそうに無視されることが多いですが、あいさつを返してくれたりそこから会話に発展することができます。
このときに会話も大きな声ですると周りの人にも聞こえて、いいアピールになるのでおすすめです!

一般道(下道)

次に乗せてもらえる確率が高いのが一般道です!

高速道路に比べると長距離移動が難しく時間がかかります。

しかし乗せてくれるのは地元の人が多いので観光地での移動に特におすすめです!
おすすめのお店情報や地元の人しか知らない話を聞けるチャンス!

一般道はSAやPAよりも乗せてもらうのに時間がかかることが多いです。
場所にもよりますが1時間は待つことを覚悟しておきましょう。

一般道で注意する点はふたつです。

  • 車が止まりやすい場所を探すこと
  • なるべく車通りが多い道を選ぶこと

一点目は、車が止まれるだけのスペースと余裕を確保しているかどうかということです。
駐車場があるコンビニの手前とかがおすすめですね。

二点目は道の選び方についてです。

高速道路と違って一般道は道の正解がひとつじゃないんですよね。
なるべく車通りの多そうな大通りを選ぶといいです。

あとは通りすがりの地元の人に道を聞くのもいいですよ!
目的地を伝えればそこに行く車が多そうな道を教えてくれます。

やっぱり困ったら人に頼るのが一番ですよ…

そしてもうひとつだけ覚えておいてほしいのが、一般道でヒッチハイクに適した場所を探すのは意外と難しいということ。

特に僕は場所のこだわりが無駄に強いのでGoogleマップとにらめっこしながら1時間くらい歩き回ることもありますw

ここでもGoogleマップを航空写真で表示すればヒッチハイクスポットをカンタンに見つけることができますよ!

高速道路入り口(インターチェンジ)

最後に、最もヒッチハイクの難易度が高いと言われているのがインターチェンジ(以下IC)です!

IC付近には車が止まれるスペースが少なく、スピードが出ていることが多いのが理由です。

僕はICでのヒッチハイクで最長5時間かかったことがあります。

僕のヒッチハイク歴でもダントツの失敗例です。
その日は諦めて公園で野宿したくらいですからね。

日本でのヒッチハイクって本当に乗せてもらえるの?僕の旅の歴史と実際に遭遇したトラブルを振り返るこんにちは!ヒッチハイカーのゆうと(@yuyujiteki31)です。 大学一年生夏 静岡→神戸、岡山→滋賀 ...

ところが、IC手前にコンビニがあるところだとその難易度はガクンと下がります。
車が止まれるスペースを確保できる上、休憩に寄る人が多いからです。

さっきとは対照的に、IC手前のコンビニでスケッチブックを掲げてからは最短30秒で乗せてもらったことがあります。

コンビニが近くにないときは…がんばって他の場所を探してみてください。
ここでもGoogleマップが大活躍ですよ。

まとめ

終わりにもう一度だけヒッチハイクスポットのおすすめ順を紹介しますね。

サービスエリアやパーキングエリア>一般道(下道)>インターチェンジ

ぜひヒッチハイクのルートを考える際に参考にしてみてください!

それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました〜!

僕の人生を変えたヒッチハイクについて【これさえ読めばヒッチハイクができるようになる】こんにちは!ヒッチハイク歴4年のゆうと(@yuyujiteki31)です。 この間、帰省のために久しぶりにヒッチハイクをしました。...