天然パーマ

天パがタイで髪を切った感想まとめ

f:id:jqknhr:20180914161830p:plain

こんにちは、ついにカードを止められそうで泣いているゆうと(@u_to3530)です。

僕の見間違いでなければ、財布の中にはあと37円と10タイバーツしか入っていません。

来週は卒論を書くために毎日学校に行く予定なので、腹を空かせた天然パーマを見かけたら学食をおごってくれると涙を流して喜びます。

お願いします、、切実に、、、

さて、前回の記事では僕の天パっぷりを紹介しました。

全部実体験!天パ・チリチリあるある30選 – 悠々自適ライフ

天パの悲しい生態を垣間見ることができるのでぜひ読んでみてください。

そして、ちょっと前のことになりますが、「僕の天パが世界で通用するのか確かめたい」って言ったらタダで航空券をもらえたので、タイの美容院で髪を切ってきました。

ちょっと何言ってるかわからないです~って人はこの記事も読んでくれると事の流れを分かっていただけると思います。

無料でタイまで行って帰ってこれるなんてそんなうまい話があるわけ、、えっ、あるの? – 悠々自適ライフ

結果として、タイで散髪してよかった!って思ってるので、

タイに限らず、旅先で髪を切ると面白いよ!ってことを伝えたくて書きました。

とにかく安い

タイは物価が安くて、美味しいご飯を食べるにも電車やバスに乗るにも、日本では考えられないほどお金がかかりません。

美容院もその例外ではありませんでした。

そのお値段、なんと150バーツ!!!(約450円)

しかも、これで「めっちゃ安いじゃん~~」って驚いてたら、

友達が60バーツで髪切ってました。(約180円)

え?何この安さ、毎日髪切れるやん。いや、まあ、切らんけど。

腕も確か

これだけ安いと、切り方てきとーなんじゃないの??って気になりますよね。

ご安心を。

普通に上手でした。

そこはなんと言ってもプロの方ですからね。

初めにいきなりバリカン持ってきたときはびびったけど。

ちなみにビフォーアフターです。

これが、

こうなります。

モデルは参考にならないけど、ハサミの使い方とか本当に上手でしたよ!!

現地人になりきれる

全く知らない土地で髪を切られている自分を鏡越しに見ていると、なんだかその土地の人になれたような気がして、少し楽しくなってきます。

「髪を切る」という日常の中にあるローカルな行為も、旅先でするだけで一気に非日常感が出て、素敵な思い出になります。

この感覚を気に入ってしまったので、また海外に旅するときには髪を伸ばしてから行くことを忘れないようにしたいと思います。

また、やっぱり旅先でカットしてもらうと、リアルに現地人っぽさが出るのかなって思いました。

髪型ではなく顔の方に理由がある気がしないでもありませんが、僕はまだ認めていません。

でも、現地人になりきれると煩わしい客引きに声をかけられなくなったり、スリに遭う可能性も減るのでいいことばかりですよ!

僕は観光客らしさが出ないように、荷物を少なくすることも心がけていました。

タイでの2週間をこのバッグだけで生活していました。

荷物に関してもブログにまとめるつもりなので、楽しみにしていてください!

▽書いた

ショルダーバッグひとつで海外に行ってみた! – 悠々自適ライフ

髪の毛伸びるのがはやすぎて自分でも引いている

これは余談ですが、タイで散髪してからまだ1ヶ月も経っていないのに、自分の髪の毛の伸びるスピードに戸惑っています。

せっかく短髪にしたのに来月にはまた美容院に行かないといけなくなりそうな勢いです。

毎月美容院に行っていた頃よりはマシですが、、

髪の毛でお悩みの方に分けてあげたいくらいです。

こんな髪質でよければの話ですがね!

まとめ

海外で髪を切ることの面白さが少しでも伝わったでしょうか。

旅の間は気持ちが開放的になっていて、普段はしないような髪型にも挑戦できるかもしれませんね。

それに、旅先なら自分のことを知っている人が周りにいないから、少しくらい失敗しても気にせずにいれます。

みなさんも海外旅行に行く際にはいい感じの美容院を探してみるとその旅行がより楽しくなりますよ!

それでは!

写真:ゆい(@yuihskw)