ブログ

ブログ収益化宣言!一年続けて気付いたブログを続けるコツ

f:id:jqknhr:20180916152009p:plain

こんにちは、ゆうと(@yuyujiteki31)です。

タイトルの通りですが、このブログを収益化することを決めました!
そう思うようになったきっかけがこのnoteを読んだことです。
あれ、なんか頑張ればできそうじゃない、、?って思ってしまったのです(単純)
それに思い返せばこのブログを開設してからちょうど一年ほどが経ちます。
半年前にはGoogleアドセンスのためにはてなブログを有料版にもしました。
もっと稼がないともったいないと思うのは自然なことではないでしょうか!
そこで今回は僕のブログの現状と、一年前に立ち上げたときのことなんかを振り返ってみることにしました。
いずれは収益を上げれるようになって定期的に収益報告などができるようになってやろうと思います。
お楽しみに。

「悠々自適ライフ」の現状

f:id:jqknhr:20180802192926p:plain
去年の8月に立ち上げた当ブログは現在、31個の記事があります。
ブログ離れしている時期が何度もあったので、めちゃくちゃ少ないです。
しかもその大半が自分の考えていることのメモのような記事ばかりで、ろくなPV数がありません。
もはやここまでくると読まれない方が助かるのですが、、、

PV

最高月間PVは2018年7月に記録した2000PVです。
2月頃に書いたウーバーイーツの体験談が検索から読まれるようになったためです。
こんな時間差でくることがあるのかと驚いたのと同時に、それならもっと細かく更新しておけばよかったと後悔するばかりです。

収益

収入源はGoogleアドセンス(Googleの広告をブログに貼り付けることで報酬がもらえるシステム)のみです。
設置してから約半年が経ちますが、収益は累計で1157円です。
f:id:jqknhr:20180802192830p:plain
はてなブログproの月額費用すら回収できていないのが、僕の「悠々自適ライフ」の悲惨な現状です。

どのように収益化するのか

僕は単純なのできっかけになったnoteに書かれていたことを愚直に真似することのみを考えています。
具体的には、「検索で読まれることを意識して書きまくる」です。
SNSからの集客には限界があるので(Twitterで告知しても読んでもらえないので)、やはり検索でヒットするような記事を書く必要があります。
そして何より問題なのが、記事の少なさ(筆の遅さ)です。
とにかく量をこなさないと文章はうまくならないし、人に読んでもらえる可能性もガクンと下がります。
目指せ毎日一記事更新!と言いたいところですが、たぶん無理なのでそのへんはボチボチやっていきます。
収益の目標は、今年中に1000円/月を達成することに決めました。
もっとでかい口を叩きたい気持ちは山々なのですが、急にウン万円も稼げるようになるほど甘い世界でないことは理解しておりますので、一歩ずつ着々とやっていく所存であります。
ゆくゆくはバイトをしなくても死なない程度の収入をブログから頂戴できるようになります。
ちなみに僕の「死なない程度の収入」はアホほどハードルが低いです。
居候生活を始めてから物欲がなくなり、ここ最近はついに食欲までも去勢されてしまいました。
少食は自分が好きでやっていることなのでこれも近いうちにブログでまとめたいところです。
ぶっちゃけ必ずしもブログである必要はないんですけどね。
僕はベーシックインカムがほしいだけなので。
ただ、自分の体験したことや考えたことをまとめて人に読んでもらえばお金になるブログは非常に良いツールです。
もっとブログを楽しめるように数字を求めながら頑張ります。

ブログを立ち上げたきっかけ

そもそも僕がブログを始めたのには明確なきっかけがありました。
去年の8月、いろいろなことがあって「自分を変えたい」と強く思っていたときに出会ったホリエモンの本です。
この中で紹介されていたイケダハヤト(@IHayato)という名前がなぜか引っかかって、彼のブログを調べてみました。
そこで見たのは、今まで見たことも聞いたこともなかった「ブロガー」として生計を立てている人たちの世界でした。
こういう風になれたら絶対楽しいじゃんって思ったときにはすでにブログを開設していました。

読んでほしいけど読んでほしくないジレンマ

せっかく書いたブログも人に読んでもらわないと何も始まりません。
待ってるだけで立ち上げたばかりのブログに人が来るはずもないので、自分から宣伝しにいかなければなりません。
つまりSNSでリンクをシェアして「みんな読んでね!」と言わなければならないのです。
学生の頃から授業の感想を人前で読まれるだけで恥ずかしかった僕にとって、誰にも頼まれていない文章を勝手に書いてそれを自ら人前に晒し上げる行為はただの地獄でした。
友達や先輩からはどんな風にばかにされてるんだろうってことばかり考えてしまって、書くことが嫌になったことも一度や二度ではありません。
それでもブログを細々と続けていくと、無料でタイに行くことができたりと、やってて良かったと思うことが増えてきました。
ブログをやめなくて本当に良かったなあと今の僕は思うのです。

ブログ立ち上げ初期の「恥ずかしい期」の乗り切り方、もしくはブログを続けるコツ

僕の場合は「恥ずかしい期」というよりも「生き恥晒し期」と言った方がしっくりくるほどですが、ブログを始めてすぐの恥ずかしい気持ちは誰しもが通る道です。
そんな僕がどのようにしてこの時期を乗り切ったのか紹介します。
これからブログを始めようとしている人の参考になれば嬉しいです。

自分を洗脳する

初っ端から怪しげな言葉が飛び出してきましたが、この考え方はとても大事だと思っています。
大学の友達の中の常識で測ると「ブログを書くこと」は頭がおかしいことなので、「ブログを書くこと」が常識となっている世界に身を置くことで自分の考え方を変えるのです。
リアルでブログを書いている知り合いがいれば一番心強いのですが、僕の周りにブログを書いている人はいませんでした。
そこで僕は一番よく使うSNS(Twitter)のタイムラインをプロブロガーたちの情報で埋め尽くすことにしました。
友達をミュートしたり、リストを作ったり、アカウントそのものを新しく作ったり、方法はいくらでもあります。
当たり前のようにブログを書いては公開してを繰り返している人たちを朝昼晩ずっと見続けることで、「ブログを書くこと」が変なことではなくなってきます。

読んでくれている人に感謝する

ありがたいことに、「ブログを書くこと」が常識でない世界の人の中にもブログを読んでくれて、さらに「面白かったよ」とまでも言ってくれる人が現れることもあります。
その人たちに「ありがとう」とお礼を言って大切にすることです。
読んでくれて応援してくれる人がいるんだということに気付けると、そこから先は気持ちがかなり楽になってきます。
なんだかんだで、ブログは人に読んでもらえることが一番の励みになります。
これからも読者でいてくれるように、ここは決して恥ずかしがらずに感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

無理せず気乗りしないときは休む

ブロガー界隈は上を見ればキリのない程とんでもない人たちで溢れています。
目標にするのは良いことですが、自分と見比べて萎えてしまうこともあります。
そんなときは無理せずに休むことが一番です。
僕も実際にそうしてきました。(休みすぎ感は否めませんが)

カスタマイズに取り組む

文字を書くだけがブログではありません。
サイトのデザインをいじったり、ブログはカスタマイズだけでも十分に楽しむことができます。
読者の気持ちになって、どんなサイトなら気持ちよく読むことができるのかをゆっくり考えてみるのも良いです。

ブログ友達募集中!!

今まであまり人に話すことのなかったブログのことについてまとめてみました。
これを書いていて、そういえばブログについてあーだこーだ言い合えるブログ友達ってひとりもいないな、と気付いてしまいました。
せっかく目標も立てたことだし、ブログ友達のひとりくらいいてもいいんじゃないかな?
というわけで僕のブログについてあーだこーだ言ってくれるブログ友達を募集します!
勝手にあーだこーだ言ってくれれば、僕もあーだこーだ言うようにします。
正直、ブログを公開する恥ずかしさをつい最近乗り越えたばかりで、人の意見を受け止められる心の強さがあるかどうかはまだ不安です。
でも成長したいのでどうかよろしくお願いします。
それでは!