ミニマリスト

出張断捨離(大掃除)!片付けられない一人暮らし会社員の部屋

f:id:jqknhr:20180916154116p:plain

こんにちは、ゆうと(@yuyujiteki31)です。

会社員の皆さん、仕事が忙しすぎて部屋が散らかってはいませんか?
一度散らかってしまうと片付けるのが面倒になるし、使いたいものが使いたいときに出てこなかったりして困ることが多くなりますよね。
今回はまさに、散らかりすぎて片付けに踏み切れない、服の数はあるのに管理が雑すぎて着れる服が全くない、といった典型的な「片付けられない人」のおうちにお邪魔して、断捨離(大掃除)をしてきました。
僕と同類の、いらないものを捨てるのが大好きな友達とふたりで15時〜23時まで作業しました。
ちなみに最初に家に踏み込んだときの様子はこんな具合でした。
そして完成したのが、これ。
達成感が強すぎて終わった瞬間にふたりで握手しましたからね。
そのくらいには手強い相手でした。
もう最後の方は数えるのが面倒になりましたが、パンパンになったゴミ袋が13個はありました。
僕たちの頑張りを見てほしいので、まずはビフォーアフターからいきましょうか。

ビフォーアフター

リビングの片付けの様子をタイムラプスで撮影してみました。

途中から別の部屋を撮影しているみたいになってて笑う。

ロフト

これでも物を減らしたほうなんですが、もうちょっと思い切って断捨離したかったですね。

風呂

風呂はそんなにいじれるところがなかったのでシンプルにきれいになった感じですね。

ちなみにいっぱいになったゴミ袋は一時的に風呂場に集められていて、途中こんな風になっていました。

ビフォーアフターまとめ

達成感でいっぱいで掃除後の写真を撮り忘れていたので、残りの様子は動画で紹介します。

まずは他の場所の掃除前の様子からどうぞ。

改めてこうして見ると本当ただのゴミ屋敷である感は否めないですね、、、
しかしゴミが多かったおかげで、取り組む手順に迷うことがなかったのは助かりましたね。
とにかくゴミを回収(ある程度分別をしながら)
高いところから順番に水拭きでほこりを落とす
掃除機(1回目)
物を整理整頓する
床を水拭き
掃除機(2回目)
手順としてはだいたいこんな感じでした。
やってることは普通の掃除とほとんど変わりませんが、大事なのが「物を整理整頓する」フェーズです。
いくら部屋のゴミやほこりを片付けようと(掃除)、物を減らしたり(断捨離)置き場所を考えなければ、いつかまた同じように散らかってしまいます。
今回は家主が不在の中での作業になったので、断捨離は控えめにしましたが、僕たちが意識していたことを一部まとめます。
・家電の説明書や箱はいらない
・思い出の品は全てゴミ
・食器は割り箸や紙皿、紙コップで良い
・1年以上着ていない服はこれからも着ることはない
もうひとつ大事なのが、物の置き場所、定位置を決めることです。
本当ならその家の生活者が一番使いやすいように決めていきたかったのですが、本人不在だったのが悔やまれます。
定位置を決めておくと、使ったあとは元の場所に戻すだけなので脳みそ的にもとても楽になります。

掃除をしていて感じたこと

久しぶりに他人の家で大掃除と断捨離をして気づいたことがいくつかあったのでまとめました。
大掃除や断捨離をしようと思ったときに参考にしてみてください。

断捨離は超疲れる

物を捨てるだけってそんなに体力使わなそうだし疲れないでしょ?って思われるかもしれませんが、断捨離はめちゃくちゃ疲れます。
あまりのゴミや物の多さに、ひとつのものを拾い上げるたびに脳みそが「これは捨てるものか捨てないものか」を判断し続けるので、めちゃくちゃ消耗します。
脳みそは目に入る全てのものを認識するので、物が多いと疲れてしまうのです。
毎日この家で脳みそを消耗させながら生活していた家主のことを考えると恐ろしくなります。

「明日引っ越して」と言われたら荷物全部まとめられる?

物はできるだけ少なくした方が良いことが分かると思いますが、どのくらい少なくすれば良いか、一応の目安があります。
それが「明日引っ越して」と言われたときにすぐに荷物をまとめられるかどうかです。
今回の部屋でこれは絶対に不可能でした。
「これは思い出の品だから」、「これはいつか使うかもしれないから」というようなものが奥の方から次から次へと発掘されました。
日常使いのものも「多ければ多いほど良いだろう」てな具合で、しばらく使われた気配のないものが大量にありました。
みなさんの家にも思い当たる節があるのではないですか?
断捨離をするなら、明日にでも引っ越しの荷物をまとめられることを目標に取り組んでみてください。

掃除の中で一番しんどいのは、分別からのゴミ出し

水拭きや掃除機がけなど、しんどい作業はいくらでもありましたが、僕がこの日最も大変だと感じたのが、ゴミの分別とゴミ出しです。
地域によって分別やゴミ出しにはとても細かいルールがあります。
これを守らないとゴミは回収されずに分別をやり直さなくてはいけなくなるので、なんとしてでもきちんとしたいところです。
今回も、燃えるゴミ・ペットボトル・カン・ビン・燃えないゴミは全て分けて回収しました。
中でも一番厄介なのが燃えないゴミです。
回収日は決まっていて、しかも月に一回しかありません。
タイミングが合わなかったのでゴミ出しは家主に頼んでしまいましたが、カビの生えた鍋はちゃんと捨てられたのでしょうか。
気になります。

あなたの部屋のお掃除・断捨離お手伝いします

正直、今回はゴミが多すぎて掃除に時間をかけたため、断捨離としての側面が薄くなってしまいました。
でもおかげで掃除能力を高められたので結果オーライとします。
まさかここまできれいで使い勝手の良い部屋にできるとは思いもしませんでした。
ぜひあなたの部屋も必要十分なものだけ残してきれいさっぱり断捨離してしまいませんか?
お互いに話し合いながら納得のいく形で物を減らすことができれば嬉しいです。
お仕事の依頼は僕のTwitterまでお願いします。
交通費さえいただければ無償で断捨離いたします!
それでは!