ミニマリスト

旅の荷物を減らすコツ!7/26〜8/1石川旅の荷物メモ

f:id:jqknhr:20180916151748p:plain

こんにちは、ゆうと( @yuyujiteki31 )です。

つい先日、石川県に初上陸してきました。
またここ最近、意識的に荷物を少なくしようとしているので、今回の移動の荷物を書き出してみることにしました。
そうすることで必要だった物と必要のなかった物が見えてくるようになって、今後のパッキングがより洗練されるはずです。
やはり荷物は軽ければ軽いほど出掛けるのが楽になるし、フットワークも軽くなってより遠くに足を運べるようになります。
今回もだいぶ荷物を絞った方ですが、改めて思い返して、タイ(初めての海外)にショルダーバッグひとつで2週間滞在したのは本当に頭がおかしかったんだなあと思います。
僕は今回、石川県能登地方の穴水町というところの小さな集落にお邪魔しました。
友人がたまたま山梨から石川までのドライバーを募集していて、とにかく長距離移動がしたかったので高知から飛んできました。(バスと電車で)
滞在させてくれたぼりさん( @borilog )と「ぼりちゅに邸」に感謝です。
穴水は海と山に囲まれていて、朝晩が涼しくて、地元の人が気さくに話しかけてくれて、とても良いところでした。

成り行きで田舎フリーランス養成講座@能登の準備も手伝わせてもらって、個人的にはかなり満足度の高い滞在でした。
20人分の昼ご飯と夕ご飯を、ふたりだけでほぼ丸二日かけて買い出しから仕込んで調理までやり切りました。

喜んでもらえたようで嬉しいですが、まじで腰が爆発するかと思いました。

荷物一覧

7/26の夜に高知を出てから8/1の朝に帰ってくるまでの間の荷物です。
トップス×3
パンツ×3
下着×3
靴下×3
ランニングシューズ
タオル×2
マウンテンパーカー
帽子
メガネ×2
kindle paperwhite
MacBook Air
手帳
財布
イヤホン
プロテインシェイカー
プロテイン
ポケットティッシュ
歯ブラシ
髭剃り
各充電器

服の量が荷物の多さを左右する

旅の荷物でもっともかさばるのが服です。
その気になれば何着でも持ち込めてしまうので、ここでいかに絞るかが荷物を減らす最大のコツになります。
服を減らすためには、滞在先で洗濯することを前提に考える必要があります。
今回は滞在先の洗濯機が乾燥までできるものだったのでストレスなく着回すことができました。
部屋着・外着・どっちでもいけるものの3セットを持って来て、2日に1度の洗濯で回せたのでベストな量でした。
この3セットさえあればこのまま一ヶ月でも二ヶ月でも問題なく快適に過ごせると思いました。
だけどもしかしたらズボンはひとつ減らしても何とかなったかもしれません。
また今度実験してみます。
タオルは小さめのものをバスタオルとして使いました。
2日間同じタオルを使うのがそんなに苦ではないので、1枚でもよかったかもしれません。
靴はランニングシューズと決めています。
旅先の見知らぬ土地でジョギングするのは最高に気持ち良いし、急に遠くまで歩かなきゃいけなくなったときのための備えでもあります。
服類で唯一不要だったのがマウンテンパーカーです。
移動の大半を占めるバス車内の冷房対策として持って来ました。
だけど最近の夜行バスってブランケットの貸し出しがあるのですね。
冷房に弱いので本当に助かりました。

安定のガジェット類

読書はkindleひとつさえあれば全て賄えます。
僕の場合、画面が小さいスマホを長時間見ていると目が疲れるのでkindle paperwhiteが必須です。
MacBookもスマホの電波があればどこにいてもテザリングで繋ぐことができます。
LINEモバイル便利すぎます。
Bluetoothイヤホンは安物を使っているので欲を言えばAirPodsがほしい、、、

最大の誤算、プロテイン

出発するときにわざわざジップロックに小分けにしてまで持って来たのに、けっきょく2杯しか飲みませんでした。
最近プロテインでタンパク質を補給することにハマっていたのですが、どうやら旅先で飲むほどではなかったようです。
プロテインはジップロックに入れてさらに漏れ防止でビニール袋に入れていました。
その甲斐あってリュック内にぶちまけることはなかったのですが、荷物全体にプロテインの甘い匂いが染み付いてしまいました。
風呂上がりにタオルを使っていたらやたら甘い香りがして笑ってしまいました。
ちなみにプロテインシェイカーには普通に水を入れて水筒として使っていました。

髭剃りは多用途なものを

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,245
(2018/11/13 08:14:03時点 Amazon調べ-詳細)
眉毛、髭、鼻毛と、顔中の毛は全てカバーできる優れものです。
僕は髭があまり濃くないので今回は出番がありませんでしたが。
もう少し長期の移動なら必須になりそうです。
このように移動の荷物を書き出すと、実は必要のなかった無駄なものに気付くことができます。
自分の持ち物を把握することは断捨離の基本でもあります。
どうしても移動の荷物が多くなってしまう人や物が捨てられない人にはこれを実践することをオススメします。
それでは!